大切断

アマゾンズ二期、俺の中では消化不良という一言が一番近いんだけど、これは俺好みの展開にならずにがっかりしたというのが正確な表現だと思う。千翼とイユの話はきちんと終わらせたわけだし。

で、何が消化不良かというと、もちろんあれだよ。

 

ガメラ3じゃなかったからだよ。

 

もう少しかみ砕いて説明する。

 

ガメラ3的な物を期待していたがそうではなかった。

 

これだともう少しわかりやすくなる。

じゃあ”ガメラ3的な物”とは何か、というとこれは完全に自分内用語で、

盛り上がりそうな要素、伏線を好きなだけ入れ、終わりが近づいてるのにさらに盛り続け、映像的かっこよさ最優先の死闘の末、「死ぬなよ、蓮」「俺の通る道だ」って言って終わるあれ。

この基本的に評判の良くなさそうな展開がもう、とにかく一番いい。これで育ったから。

そういう評価基準で見ると千翼とイユが撃たれるシーンは一種の聖性はあるもののかっこうよいとはいいがたく、オリジナルアマゾンの戦闘は基本的に肩透かしで、アマゾン二人の生存はどちらかというとみじめなもので、最後のオチも現実的なラインでの来年への目くばせと、俺の好みの物は全然出てこなかった。

 

やっぱ靖子だからなー。燦然!は敏樹だよなー。

シーズン3は人類と第三世代アマゾンが霊長の座を賭けて全面戦争をしている世界を井上敏樹が描いてほしいね。