文を放り出す場所

頻繁にはてなを見ていた九年前の感覚だと、技術系とビジネスとラノベとエロゲが話題として存在しており、その上でムラの動向を楽しむ場所だと思っていた。バックル先生は結構好きだったよ。
最近は普通にゲームの話を書いてるはてなブログ増えている事だし、他にブログの名前も思いつかないし、ということではてなを選んだ。思考の投棄場所として使う。